結婚について

恋愛と結婚の間にある距離と現実

恋愛は誰しもが体験しているでしょうが、相手を理想化して、相手の中に相手自身の現実の姿ではなく、自分の理想像を投影して、それに恋をしているという感じもあります。
相手に理想像を投影するということは、相手の本当の姿を見えないように、自分で行っているとも言えます。
そうなると、理想像に恋をしているので、現実に帰る時が来ます。
結婚前にその時が来れば、恋愛での別れですが、結婚後に来た場合は、幻滅での夫婦の破綻ということになります。
それは相手に恋をしているのではなく、相手を利用して自分が自分の理想像に恋をしているので無理もない帰結ということになります。
すべてではない場合もありますが、夢見るカップルを見ると、まわりさえ目に入らずに自分たちの世界を作り出していますから、お互いが幻想と夢の中に生きているということになります。
そして結婚をするとどうなるかは、誰もが理解します。
男女の恋愛はその意味でも非常に不思議な体験でもあります。

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.